制度の概要とメリット

Outline of TITP

制度の概要

Outline of TITP

仕事をする外国人技能実習生

外国人技能実習生と受入れ企業の、双方にメリットのある制度です。

外国人技能実習制度は、発展途上国等の外国人が日本で技術・技能・知識を身につけ、母国へ持ち帰り、その国の発展を担う為の「人づくり」を目的として創設された国際協力を目的としています。

来日して企業で働き、技術・技能・知識を実体験として学ぶことが出来る制度で、技能実習生達とその送出し国にとって非常に有益な制度となっています。

技能実習監理団体型の受入相関図

監理団体型の受入れには、技能実習生・送出し機関・日本の実習実施機関、監理団体の4者の係わりから成り立ちます。

技能実習監理団体型の受入相関図(スマホ用) 技能実習監理団体型の受入相関図(PC用)

※送出し国について、2019年3月5日現在、未来創造協同組合では、中国・ベトナムからの受入が可能です。

受入れ企業のメリット

Beneficial

社内の活性化

社内に若い人材が加わることで、コミュニケーションが増え、職場の活性化が期待できます。

経営の効率化や改善

作業工程の見直しによる効率化、コストの見直しによる経営の改善が期待できます。

国際貢献・ビジネス拡大

企業の海外展開など、将来的なビジネスの拡大に向けて、事前に人材の育成ができます。


PAGE TOP